2013年01月23日

朗読発表会『あえか』〜朗読作品14〜

朗読:山本ゆき子
作品:「森の中」天野忠 著


朗読者よりコメント:
詩人天野忠は京都で生まれ、生涯を京都で生きた。彼は詩人としてだけでなく、エッセイストとしても一流だった。下鴨にひっそり暮らし、近隣を散歩することを好んだ。そんな彼が、糺の森について書いたエッセイを朗読する。さりげない名文である。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『あえか』〜朗読作品13〜

朗読:垣内浩子
作品:「壱越(いちこつ)」塚本邦雄 著


朗読者よりコメント:
今回の作品も前回同様、超短編。硬い言葉の連鎖によって「純白」の、氷の世界が描かれる。言葉が、情景描写が、凝縮されていて美しく、そしてドラマチックな展開。そこに惹かれてこの作品を選んだのだが・・・。それが声で表現しようとすると、とてもとても難しく、悪戦苦闘。出口が未だみえない。

作者塚本邦雄氏は1920年生まれで、2005年に亡くなられている。歌人・詩人・評論家・小説家であり、寺山修司、岡井隆とともに「前衛短歌の三雄」と称され、独自の絢爛な語彙とイメージを駆使した旺盛な創作を成した。にもかかわらず、この小説は旧字旧仮名で表現されていて、(例えば、標の内(しめのうち)=正月・昧爽(まいそう)=未明など)辞書を片手に読む。本当に色々な面で悪戦苦闘、塚本氏の世界に翻弄されている。

飛梅沼・梅・氷の世界・スケート・そして穂高と絵津子、「純白」な世界の中でのドラマチックな展開。ずうずうしい願望だが、読んだ後にほのかに梅のかほりが漂わせられたら、そんな朗読がしたいと想ってはいるのだが・・・。思いとは裏腹に悪戦苦闘中である。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

朗読発表会『あえか』〜朗読作品12〜

朗読:吉田真知子
作品:「流木」 内田百閨@著


朗読者よりコメント:
どこにでもいる平凡な男性が、道で誰かの落とし物を拾う。
そんな日常の一コマから物語は始まります。
他人の夢の中を覗き見しているような、不思議な感覚を味わえる作品です。
初めての参加ですが、この作品の魅力を少しでもお伝えできるよう頑張ります。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『あえか』〜朗読作品11〜

朗読:比果憲子
作品:「取立て」 星新一 著


朗読者よりコメント:
初めての朗読発表会参加です。
星新一氏の作品は40年以上もたった今も尚、読者の心をひきつけます。
そんな少し不思議な世界を皆さまに伝えられるように頑張ります。
よろしくお願いします。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

朗読発表会『あえか』〜朗読作品10〜

朗読:出島ひろ子
作品:「ぜにまくら」三浦哲郎 著


朗読者よりコメント:
北のある地方に八十三歳に達した者を金寿という名で祝う風習がある。八十二歳の最後の夜に、小銭を枕の下に敷いて眠る。枕の主と共にめでたく一夜を明けたそれらの小銭は長寿のお守りとして、近親者に分けられる。それがぜにまくらである。ところが、金寿を迎えようとする爺さまが中風で倒れてしまったのだ。さて、ぜにまくらはどうしたものか……。

いくつもの三浦作品の東北モノの主人公は爺ちゃであったり、婆ちゃであったり、その言葉の素朴さが物語を引き立て、光らせている。自己流の東北弁でその言葉が伝えられる?けれど、今回のお手本は大河ドラマ「八重の桜」です。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『あえか』〜朗読作品9〜

朗読:金木美穂
作品:「彼らが失なったものと失わなかったもの」森絵都 著 短編集『架空の球を追う』より


朗読者よりコメント:
日常のちょっとした瞬間を切り取った短編集から選びました。
スペインのバルセロナ空港で、日本人の私が見かけた、わずか10分間の出来事。
行き交う人々の一角で、英国人夫妻の災難と、その行動。
映像が目に浮かぶような朗読を目指して、頑張ります。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

朗読発表会『あえか』〜朗読作品8〜

朗読:辻あきこ
作品:「小猫」高樹のぶ子 著


朗読者よりコメント:
今まで,女性を主人公にした物語を選んだことがなかったので,今回は少し挑戦してみようと思い,この作品を選んでみました。

京子は16年前四谷駅近くの交叉点で別れを告げた洋介と,1年ぐらい前からメールのやり取りを始め,今日パリで会うことなりました。洋介を待つ京子の心の揺れを少しでも表現できればいいのですが-----。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする