2013年01月17日

朗読発表会『あえか』〜朗読作品3〜

朗読:岩本りか
作品:「黒いあげは」 吉本ばなな 著


朗読者よりコメント:
「体は全部知っている」 の、吉本ばななさんのエッセイ集からの「黒いあげは」を選びました。
このエッセイ集のタイトルだったからこそ、手にとった本でした。体、といっても「脳」なのでしょうが、体はいろんなことを知っていて、何かがきっかけで、突然その引き出しから過去のいろんなものをひっぱり出してきてくれます。時間にしたら一瞬なのでしょうが、とても長い映画を観ているかのように.....
そういうときって、今の自分に向けて、過去からの何かのメッセージなのでしょうね。
「黒いあげは」何のメッセージだったのか....

3回目の発表会、時間の調整で短くカットした内容になりますが、皆様に上手く伝えられるといいなあと思っております。宜しくお願いいたします

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする