2013年01月19日

朗読発表会『あえか』〜朗読作品7〜

朗読:末冨喜子
作品:「花明かりの夜に」村山早紀 著 コンビニたそがれ堂 空の童話 より


朗読者よりコメント:
本当にほしいものがある人だけが辿り着ける不思議なコンビニたそがれ堂。一月の雨の夜、たそがれ堂に偶然辿り着いた院長先生は差し出された一杯のコーヒーの味に、若い頃の自分を思い出し、不思議な体験を語り始める…。

生きていると、壁にぶちあたり、悩み苦しむことがたくさんあります。でもそんな中でも光はきっと側にある、院長先生の話はそう思わせてくれます。

今回は時間の都合上、たそがれ堂の詳細までは語ることができず残念ですが、それはまた別の機会に!

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『あえか』〜朗読作品6〜

朗読:平野雄一
作品:「斜め45度の自信」平野雄一 著


朗読者よりコメント:
色々なことに対して
自信を持てればいいなあと思います。
でも自信を持つ、というのは難しくて
なかなかそんな風にはいきません。
自信、というのは厄介なもので、
持ちすぎてしまうと、なんだか傲慢で
嫌な感じになってしまいます。
よい塩梅で自信が持てるといいなあと思うのです。
それで今回の「斜め45度の自信」。
この中でよい塩梅の自信について
書かれているのかというと
決してそんな事もないのですが、
いい感じになればよいなあと思っております。

aeka_blog.gif

詳細はこちら http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/aeka.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする