2013年04月27日

【朗読作品5】〜『歌い鳥』〜第15回朗読教室発表会〜

朗読発表会『歌い鳥』朗読作品D

朗読:辻あきこ
作品:「そこに指が」 手塚治虫 著


朗読者コメント:
「60年代日本SFベスト集成」というタイトルにひかれて買った本の中からこの作品を選びました。

大勢の人達が常に誰かに見つめられ、監視されていると感じ、不安感から教会や病院に押し掛けるが、なぜそうなったのか、その訳はタイトルにつながっています。

漫画家が書いた作品なので何場面かの絵があり、その絵があることで話の流れが理解できたのですが、朗読してみると言葉だけで表現することのむずかしさに気付きました。
少しでも表現に変化をつけることでその場面を想像していただけるようにしたいと思うのですが------。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【朗読作品4】〜『歌い鳥』〜第15回朗読教室発表会〜

朗読発表会『歌い鳥』朗読作品C

朗読:北山阿梨
作品:「ガールズ・オン・ザ・ビーチ〜虹の岬の喫茶店より〜」 森沢明夫 著


朗読者コメント:
虹の岬の喫茶店という作品は、春→夏→秋→冬→春→夏と巡る季節の中で、虹の岬の喫茶店を訪れた人々の人間模様が描かれています。どの季節もいい話なのですが、今回私が読む夏編の「ガールズ・オン・ザ・ビーチ」は、個人的に好きな話です。というか、読んでいると、若いな、青春だな、私もこんな恋してみたいな、と思います。(笑)ちょっと古いですが、キュンキュンしちゃいます。
もしかしたら、私の朗読を聞けば、皆さんも恋がしたくなっちゃうかも!?しれません。…というのは冗談ですが(笑)、少しでも皆さんがほっこりとした気持ちになれるよう、読ませていただきます。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする