2013年08月26日

『ミッドナイト・イン・パリ』

【池田】
校正の合間に、何本かDVDを鑑賞。
その中で久しぶりにヒットだったのは、ウッディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』。

特にウッディ・アレンのファンでもないし、パリ好きでもないのだけれど、この映画はかなりの満足度。物語も街の景色も粋だった。洒落さ加減がちょうどいい(鼻につかない範疇に収まっている、笑)。

ストーリーも映画ならでは。これを小説でやるにはかなり困難。そういう意味でも、媒体の特性を活かした映画らしい映画だと言えるかもしれない。

純粋に「ああ、こんな朗読劇やってみたいな、脚本を書いてみたいな」と思わせてくれる作品でした。


 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ウクレレ

佐野です。
買いましたっ。ウクレレ!
新しいことを始めるって楽しい!!

といっても買ったのは一ヵ月前。
ギターもベースも全く経験ないの私。
自分の性格を考えて、三日坊主の恐れがあり。
ウクレレを買ったなんて派手に嬉しそうに言っちゃって、恥ずかしいことになってはいけない。

「わーい!ウクレレだウクレレ〜!」
という時期は過ぎ去った今、

ちょっと嬉しい感じで
「ウクレレ買いました(*^_^*)」

今は、地道に続けていけそうな気が何となく、しています。

さて、初日はヘンなやり方で力み過ぎたようで、翌日、左人差し指が腫れる?むくむ?&関節痛い、惨事。

それが収まり、今度はとにかく弦を押さえる手が痛い。
その次は、奏でる右親指が痛い。

「ウクレレはマシだという噂だったのに痛いじゃないか!」
とぶつくさ言いながらも一応諦めずに。。。

一通り過ぎて、左手の指の皮も一皮剥け、右手よりは指先が、ほんのり固くなり、成長の兆しかと喜んでいます。

でも、最近またサボりだしたので、ここらで一つウクレレ買った喜びでも文字にして、奮起にもちこもうかな、って。

ま、現状は『スタンド・バイ・ミー』を歌いながらしつこくループ、だけなんですけど(笑)

uku.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

プルーフ本

池田です。
担当編集者から公開の許可が出ましたので、僕の小説デビュー作の詳細を少し。

タイトルは『晩夏光』(ばんかこう)。
著者名は、池田久輝(いけだひさき)。

これから当分の間、小説の際は「池田久輝」、グラス・マーケッツの脚本は「池田長十」の名義で書いて行く予定です。(ややこしくなりそうだったら、その時に考えます、笑)

bankakou.jpg

*画像は、全国発売に先立って、書店やメディア関係に配布される「プルーフ本」と呼ばれるものです。(実際に書店に並ぶものではありません)
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 『晩夏光』第5回角川春樹小説賞受賞作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

髪型を

【池田】
メンバーの佐野にお店を勧められ、その店長さんお勧めの髪型にカットしてもらいました。
僕は体型から、よくケンコバに似ていると言われるのですが、髪型でも更に?(笑)
(ちなみに年齢も同じです)

さてさて、いかがでしょうか?

back.jpg

 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

着々と

【池田】
僕の小説デビュー作(第5回角川春樹小説賞受賞作)、出版ヘ向けて着々と進んでおります。(まだ校正作業は残っていますが、笑)

どこまで発表してよいのか分からないのですが、とりあえず、出版は10月初旬になるであろうこと、体裁は四六版のハードカバー、作家名は現在使用している「池田長十」ではなく、僕の本名になるということ、タイトルも応募時の『港の足』から別のものへ改題されるということ、以上のことが現時点で決まっています。

*実は、タイトルも既に決定しているのですが、これは後の楽しみということで。

ではでは、無事出版になった際は、皆様よろしくお願い致します!
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 『晩夏光』第5回角川春樹小説賞受賞作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

ムットーニミュージアム

【佐野】
阪急うめだギャラリーで開催中の「ムットーニミュージアム」へ。

カラクリ人形。
ミニチュア。
そこにストーリーが見える、
なぁんて来れば、女子はついつい引き寄せられます。

一日三回、ムットーニさんご本人の口上つき、上演会も。
個人的にはやはり口上は聞いとかなきゃ、っと(笑)
口上の感じは、そうですね。。。

分かりやすく言うなら、きみまろ風、物売り商人風、そう、ちょっと和風レトロな節回しで、でも作品は完全洋風です。
この組合せもおもしろい。

でも、この上演会は混んでいるので、全部の作品を近くで見れるわけではありません。
ので、口上無しバージョンをもう一度観る。

すると!予想外に作品がまた別の印象になって、楽しめたのでしたっ。

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/muttoni/
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

『風立ちぬ』

【佐野】
『風立ちぬ』の庵野秀明のこと。
「そうそうっ!」
と、岡田斗司夫のブログに頷きながら、同じ気持ちで見てたんだけど。
なりたかったけど、『三』にはなれなかった。。。
気になっちゃったよ。棒読み。
なんだか、気にするまいと意識しすぎで、集中出来なかった部分も(笑)
http://blog.freeex.jp/archives/51390256.html

こちらは庵野秀明声優決定の様子。
http://www.youtube.com/watch?v=GjSVPxyRqsI
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。