2014年01月05日

朗読発表会『想紅』朗読作品9

朗読発表会『想紅』朗読作品H
朗読:奥野由里子
作品:「四又の百合」宮沢賢治 著


朗読者コメント:
この教室に通い始めたばかりの、青春も佳境に入った大学4回生です。人前で何かをするのは久しぶりなので、緊張しています。

さて、今回私が読むのは、もともとあった仏教童話を賢治がアレンジして書いたお話です。正徧知(仏陀の一名称)を町に迎え入れる準備をする人々の「心の清らかさ」がテーマです。解釈をするのに、私自身の“ピュア”不足を感じざるを得ませんでしたが、楽しく賢治ワールドを堪能できたと思います。

聞いていただく皆さまには、お話のファンタジー性と登場人物のリアリティを味わっていただければ幸いです。
http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/omoi.html
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『想紅』朗読作品8

朗読発表会『想紅』朗読作品G
朗読:出島ひろ子
作品:「てんのり」三浦哲郎 著


朗読者コメント:
青森県八戸生まれの作者、三浦哲郎は3冊のモザイク短編集のなかで出身地の東北弁を使った作品を何編か書いている。
何度かこの中の作品を朗読したいと思っていて、いつもこの方言の壁にぶつかり諦めていた。
しかし、どうしてもこの「てんのり」だけは読んでみたい!と思いネツトで調べたり、テレビで放送される東北弁を聞いたりしながら自己流の東北弁で朗読した。

その後東北弁の作品は「てんのり」「おぼしめし」「ぜにまくら」を朗読した。今日の「てんのり」は二度目の朗読です。

東北北部の農村に住む仲の良い老夫婦の話で、ある日、83歳の夫が突然姿を消した。理由は……。

切なくて、愛おしくて、この話が私は好きです。
http://www.glassmarkets.net/stage/workshop/omoi.html
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

同窓会2

池田です。
先日の中学時代の同窓会、写真をもう一つ。

およそ25年前、同じ校舎で同じ時間を過ごした同級生。
四半世紀の時が流れたのだと思うと、ただただ驚くばかり。

25年前にタイムスリップしてあの頃の学生に戻る……ほど、僕はノスタルジックな性格でないらしく(笑)、みんなが平等に、そして確実に年を重ねているという事実に、ひどく感慨深いを思いを抱いた一日でした。

この場を借りて、みんなに改めてお礼を。
そして、幹事のみなさん、準備や連絡諸々、お疲れ様でした!

dou2.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

同窓会に

池田です。
先日、中学校時代の同窓会に参加しました。
いまの僕しか知らない人からすると、「え、池田が同窓会? 嘘やろ?」って感じでしょうが、当然僕にも青春期はあったのです(笑)。

拙作『晩夏光』を読んでくれている同級生もいて、有難いやら、気恥ずかしいやら。
逆に、この頃の僕しか知らない同級生からすると、「え、池田が作家に?」って感じかもしれません。

dou.jpg
 
ラベル:晩夏光
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明けましておめでとうございます(池田より)

池田です。
明けましておめでとうございます。
昨年は、未知でありながら目的でもあった世界へ、どうにか足を踏み入れることが出来ました。
今年はその世界で、例え小さくとも足跡を刻んで行ける年になればいいな、と思っています。

僕個人、そして、グラス・マーケッツ共々、今年もよろしくお願い致します。

さて、今年の僕の抱負は……

ikeda2014400.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

明けましておめでとうございます(末冨より)

明けましておめでとうございます。
末冨です。

お正月は例年通り実家でのんびり。地元の天満宮に初詣へ。普段は閑散(ごめんなさい、でもほんと)としてるのですが、今日は人人人!参道の階段の一番下まで行列ができていました。

実は昨日まで気づいていなかったのですが私、今年厄年なのです!
昨年は前厄だったのですね…でも振り替えると、自分も周囲も悪いことよりも良いことの方が多かったような…幸せ者です。
とはいえ小心者なので、普段よりもお賽銭多く、念入りにお詣りしました(^_^;)

こういう節目の年には身体に不調が現れてくるとも言われているので、今まで以上に身体のメンテナンスをきちんとしていきたいですね。
健全な身体から健全な声が生まれるはず!いろんな表現をするにも体力がないと始まりませんから。

それでは今年もよろしくお願いします(*^^*)

tera.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

あけましておめでとうございます(佐野より)

佐野です。
あけましておめでとうございます。
ようやく親戚への年賀状を作り終えました。
やはり、大人として出さなければ、と思うものの結局は元日の朝から始めてしまいました。

しかも、おしゃべりな私は年賀状の文章が長すぎて、ハガキサイズに収めるために苦労します。
「ああ!フォントサイズを6にしてみんながルーペで見てくれれば!」と無理なことを思いつつ、最終的にサイズ9に。
でも、親戚のおばさんたちからはクレームが来そうです。
いや、きっと。

今年の年賀状の話題は全面、グラス・マーケッツ代表池田の受賞自慢です(笑)
しかし!
そんな自慢も年賀状で打ち止めです。
昨年一年喜び呆けた分、今年はどんどん池田を使って脚本も書かせ、便乗して宣伝をして朗読公演をやっていくのみです!

本年もよろしくお願いいたします。

読むには適さない年賀状のぎゅうぎゅう感、の写真。

sano.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする