2014年01月09日

朗読発表会『想紅』朗読作品17

朗読発表会『想紅』朗読作品P
朗読:安東ひろみ
作品:「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W. ビアンコ 著(翻訳 酒井駒子)


朗読者コメント:
作品の中で「本物ってどういうこと?」と、うさぎのセリフがあります。
本物って何なのか?目に見えるものではない何か、そういうことを考えさせられる作品だと思います。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『想紅』朗読作16

朗読発表会『想紅』朗読作品O
朗読:岩本りか
作品:「涙」伊勢華子 著


朗読者コメント:
この作品は、伊勢華子さんの「せかいでいちばん美しいもの」のエッセイから選びました。作者が旅をしているときにちょっとしたきっかけで出合ったアイヌの風。そこから始まる小さな出会いのストーリー。

旅の中で、また日常生活の中でも、何げない出合いからずっと心の奥底にひっかかって残っていること、そんなことがきっかけで新しい世界が広がっていったりします。小さな時間の欠片が、自分のなかでふくらんでいく樣、偶然の出逢いから感じる作者の想いを、みなさんに感じ取っていただければいいなと思います。

全てのモノに魂や神が存在するとアイヌでは考えられています。「良い魂を持つ人が作るものには良い魂が宿る」と伝えられており、アイヌ文様には愛するヒトを悪いコトから守るための魔よけの意味もあるそうです。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする