2014年07月18日

朗読発表会『夏の声』朗読作品F

朗読:花凛
作品:「尾生の信」芥川龍之介 著


朗読者コメント:
魯の国の尾生は、橋の下で女と会う約束をして待っています。
しかしいつまで経っても女は現れません・・・。
中国、史記にあるお話を、芥川が神秘的によみがえらせています。

落ち着いて読めるようがんばります。
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『夏の声』朗読作品E

朗読:大石麻衣子
作品:「ATM」太田忠司 著


朗読者コメント:
多くの人々が日常的に使用するATM。
一人の男が、いつものように現金を引き出そうとすると、ATMからアンケートへの回答を求められます。
ささやかな謝礼に惹かれて引き受けた男に、ATMは数々の奇妙な質問をしてきます。
その内容は徐々にエスカレートし、ついにはひどくプライベートな交友関係にまで及んだ時、男はとある大きな選択を迫られます。

果たして、奇妙なアンケートの真意とは?
そして男の選んだ答えとは?

どなたにでもわかりやすく、8分間という限られた時間内で次の展開が気になって楽しめるものを、と思い、この作品を選びました。
ぜひお気軽に、この展開をお楽しみいただければと思います。
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする