2014年07月19日

朗読発表会『夏の声』朗読作品H

朗読:カンナ
作品:「神無月」宮部みゆき 著


朗読者コメント:
宮部みゆきの短編小説の中から選んだ「神無月」。
神様がみんな出雲に出掛けてしまっているから・・・・
そのせいで起こった不幸せの穴埋めに出掛ける畳職「市蔵」
それを追う岡っ引きと、居酒屋の親父との会話。

言葉に出さなくても何となくその場の心の襞が感じ取れる作品の
朗読はなかなか手強いです。
作者の心が少しでも伝えられればと・・・・・・・

神無月に神様が集まる出雲大社に一昨日お参りをしてきました。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読発表会『夏の声』朗読作品G

朗読:比果憲子
作品:「だってだってのおばあさん」佐野洋子 著


朗読者コメント:
この本は子供むけの童話ですが、読み終えたあと、主人公のおばあちゃんに歳がちかい大人の私の方が、うれしくなる本です。
毎回読むたびに元気をもらえる気がして、大好きな本です。
おばあちゃん、おじいちゃん、おじさん、おばさんにも聞いてもらって、皆が元気になれるように、朗読頑張ります。
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする