2015年04月09日

まるたけえびすに、武将が通る。 〜京都甘辛事件簿〜

朗読ユニット グラス・マーケッツ(GM)佐野でございます(^O^)/

締切にあれこれ追われていたのですが、ようやく一段落。
あ〜疲れた。。。とそんな私に嬉しいことが待っています!
それはっ。

明日は、GM脚本家、池田の新刊の発売日です〜〜!!
ってやっぱり宣伝です(笑)

2013年のデビューから1年半。三冊目となります。

締切に追われている様子を見て「おおぉぉ。作家やん。」とGMでは無邪気に喜んでいるのですが、本人にとってはそんな呑気なことではないでしょう(笑)

でも、池田はこれからもがんばりますよっ。

小説の締切も乗り越え(乗り切り?)、GMの脚本だって書いて、常に新しい何かに向かって進んで行ってくれるに違いありません!!

なんてったって、いくら池田が忙しいと言っても、企画書やフライヤーを手伝わされ、とにかくおしゃべりな女子に囲まれてあれやこれやとうるさい中で、強く逞しくやってきた、「その性格」を信じているのは、私だけではないはずです(笑)

そんな中生み出された今回の作品。
「まるたけえびすに、武将が通る 〜京都甘辛事件簿〜」
普段の池田からは絶対に出てこないタイトルがとっても新鮮です!

前二作がめっちゃ男臭いハードボイルドということもあって、「甘辛事件簿」はかなりのギャップ。

しかしそこが!
「おお、新しいものを書いているなぁ」と感慨深いのです。

みなさま、何とぞ応援をよろしくお願いいたします。

先日池田が、京都の書店さん用にサインを用意しておりましたので、大きめの書店にお立ち寄りの際は、チェックしてみてください!あるかも!?

普段はちょいと丸めの字ですが(きれいではない)、サインのときは尖ってる字の池田。見どころです(笑)

marutake.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 『まるたけえびすに、武将が通る。』(幻冬舎文庫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする