2013年04月29日

【朗読作品8】〜『歌い鳥』〜第15回朗読教室発表会〜

朗読発表会『歌い鳥』朗読作品G

朗読:たなかかず
作品:「車坂」宮部みゆき 著


朗読者コメント:
━もう、すみました。娘はそう言った━
宮部みゆきの手による作品で、車坂を上がった所で薬種問屋を営む老人の目をとおして紡がれる、とある女性の哀しい物語です。

短い文章の中の四人の登場人物は、それぞれに個性を持っています。
その個性を表現できれば万々歳…ということで―
まだまだ私の手は上げる気配を見せません。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック