2014年04月25日

来た来た感

池田です。
グラス・マーケッツの公演も終わり、三作目の小説に取り掛かりつつ、今は同時にひたすらインプット期間。

という訳で、『アナと雪の女王』へ。松たか子さん(?)の歌がえらく話題になっていますが、僕は頑なに字幕版です。ミュージカルテイストだったんですね。知らなかった。

僕はミュージカルが苦手なんですが、『レ・ミゼラブル』なんかより、全然入って行きやすかったのは不思議。アニメのせいでしょうか??

物語は……そうですね、「愛って何?」「真実の愛って?」と言われても、流石に気恥ずかしい思いが(笑)。こう展開して行くんだろうな、と結末は見えますが、そのスピードやテンポはなかなか良かったです。台詞と歌のバランスもいい。

”Let it go”は「お、来た来た」感が少しあり。あれだけCMで流れていると、ライオンキング(大西ライオン)の「心配ないさ〜」が思わず頭に浮かんでしまった……。

歌に関して言えば、”Let it go”よりも、予告で流れていたジブリの新作『思い出のマーニー』の主題歌”Fine On The Outside”の方が好みかな。
http://marnie.jp/music/index.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック