2015年11月15日

「漫勉」

池田です。
もう放送は終わってしまったのだけれど、NHKの「漫勉」という番組を見て以来、浦沢直樹さんをより好きになり、またマンガの制作現場の凄まじさも痛感するようになった。

小説とマンガを較べる訳ではないが、個人的には明らかにマンガを描く方が大変だと思うし、締切に追われ、怒涛のようにペンを入れていく様を目にすると、マンガはもっと値段を上げてもいいのでは?とも感じる。

と、そんなこんなを色々考えつつ、浦沢直樹さんの『MASTERキートン』を改めて大人買いした。昔はマンガ喫茶で読んだのだけれど、やっぱりじっくり読むといいなあ、キートン。

そして嬉しいことに、「漫勉」のシーズン2が来年からスタートするらしい。いやあ、待ち遠しい!!
http://www.nhk.or.jp/manben/
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック