2011年12月04日

京都朗読ラボ・レポート(1)


レポート:京都朗読ラボ(1)  2011.11.5開催 (佐野より)

京都朗読ラボでどのような作品を題材にするか、サンプルとして用意したいくつかの作品を試しながら進めて行きました。

『やまなし』(宮沢賢治)、『羅生門』(芥川龍之介)なども候補にはありましたが、スタートしたばかりの「京都朗読ラボ」、現代の解釈しやすい作品をということになり、『冬の日、防衛庁にて』(江國香織)を題材にしました。若い"キャリアガール"の「私」は、奥さんのいる人と付き合っている。「私」は「奥さん」に呼び出され、イタリアンレストランで食事をすることに。そこで繰り広げられる、女の静かな闘い。。。

メンバーは全員女性。細かい女性の心理について、あれだ、これだとたくさん出てきます(笑)そして、声のトーン、話し方、そしてもし芸能人に置き換えたら誰が一番ぴったりか、など。こんなに細かいところまですべて表現出来たら、なんと素晴らしい朗読になることだろうと思いながら、色々な人の意見になるほどなるほど、新しい発見があって楽しい時間でした。

題材作品
『冬の日、防衛庁にて』― 江國 香織 著(えくに かおり、1964年3月21日-)
1989年に刊行された初の短編小説集「つめたいよるに」に収録されています。 1986年、児童文学雑誌に入選した『桃子』や、翌年に受賞したはないちもんめ小さな童話賞大賞『草之丞の話』も収録されていて、三作品とも朗読して10分以内です。

posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | モノクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

京都朗読ラボ (3)

今日は『朗読ラボ』の三回目。ちょっと覗いてみましたが、なかなか盛り上がっているようです!

image-20111203173455.png

posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | モノクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

京都朗読ラボ(2)


日時:2011年11月19日(土) 午後3時〜5時
会場:グラス・マーケッツ オフィス
定員:10名(先着順となります)


予定内容
・『麗しき黒髪に種を』森博嗣
(森ミステリィ短編集「レタス・フライ」に収録。ショート・ショート五編を含む九編収録)
・アクセント

*参加者のみなさまには、メールまたは郵送にて題材作品を事前に送付いたします。

http://www.glassmarkets.net/krl/index.html

posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | モノクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

第一回「京都朗読ラボ」開催


head3.gif

日時:2011年11月5日(土) 午後3時〜5時
会場:グラス・マーケッツ オフィス
定員:10名(先着順となります)


プレラボでは、宮沢賢治、芥川龍之介など、いくつかの作品を用意したのですが、スタートしたばかりの「京都朗読ラボ」。みんなで、とりあえず現代の解釈しやすい作品をということになり、プレラボでは江國香織『冬の日、防衛庁にて』を題材にしました。

さて、「京都朗読ラボ」いよいよ本格的に始動です。第一回目の題材は、同じく現代の短編、森博嗣『麗しき黒髪に種を』に。また、自分でアクセント辞典を調べるのだけれど、なかなか難しいという意見もあったので、少し一緒にやってみようとも考えています。

アクセントの勉強で、テキストを持っている方がいらっしゃったので、協力してくれることになり、そのテキストも使って、毎回少しずつでも出来たら いいなと思います。

その他、『外郎売』にちゃんと取り組んでみるのもどうか、などのアイデアが出ています。みんなで取り組むことで、色々な情報や考え方を知り、充実したラボに成長していきますように!!

http://www.glassmarkets.net/krl/index.html

ラベル:朗読 京都
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モノクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

本日 プレ・ラボ開催です!


来月に発足する『京都朗読ラボ』。
それに先立ち、本日プレ・ラボが開催されます。
一つの短編作品について、参加者それぞれの意見を交換し、その解釈によって朗読はどう異なるのか、様々な形で考えてみたいと思います。

当日のご参加も受け付けておりますので、是非お気軽にお越しください!!

京都朗読ラボ プレ・ラボ

日時:2011年10月22日(土) 午後3時〜5時

参加費:500円
会場:グラス・マーケッツ オフィス
定員:10名

詳細はこちら
http://www.glassmarkets.net/krl/index.html

ラベル:朗読
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | モノクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする