2012年07月13日

朗読+京都『あけくれ』〜城昌幸について2〜

head_top.gif

【佐野真希子より】
城昌幸さんについてもう少しだけご紹介。どう考えても、私が説明するより、作品を聴きたくなるお言葉=^_^=

堀口大學は城左門詩集「近世無ョ」評で以下のように書いている。  
「それは怪異なる近代心の幻影を蒐集した博物館である。讀者はこの博物館へ一歩ふみこむと、ひやりとする或る者が背中へおぶさるのを感じる。今日のわれわれには珍しい奇物變物がおびただしく置き並べてある。死んだ大きな月の腐れた光が冷え冷えと白々と流れて。或る参觀者は云うか知れない。この博物館は黴くさいと。そんな人には出て行って貰うより仕方がない。ドリアンは、あの臭い匂ひの故に尊い。あのいやな人は、ドリアンを食はずにゐることだ。城左門は異臭ある詩人だ。」

江戸川乱歩は城昌幸自選傑作集『みすてりぃ』の跋文をこう書き出す。
「城君は洋服というものを着たことがない。骨董的価値のありそうな和服を、ダンディに着こなして、白足袋で銀座を歩く。彼は推理小説界においても、最も風変わりな、個性の強い作家である。」

そしてまた「日本探偵小説傑作集」の序文では以下のように評している。
「この作者は日本探偵小説壇のもっとも特異な存在である。彼は探偵小説を一つも書いていない。探偵小説の親類筋にあたる怪奇と幻想の文学のみによって、われわれの仲間入りをしているのだといっていい。視野は狭いけれども、そこの風景は網膜に残像を結んだまま、いつまでも消えやらぬ不思議な力をもっている。(中略)彼は人生の怪奇を宝石のように拾い歩く詩人である。」

この写真は城昌幸の屋号で、馬込図書館に寄贈されたもの。
「其蜩庵」、「その日暮らし」というニュアンスでしょうね。

an.jpg

サイト「馬込文学マラソン」を運営してる方に写真をお借りしました。こちらでも城昌幸のことが分かりやすく紹介されてます!
http://www.designroomrune.com/magome/j/jyou/jyou.html

詳細・チケットご予約
http://www.glassmarkets.net/nextlive.html
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 朗読+京都 『あけくれ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

朗読+京都『あけくれ』〜薄茶〜

head_top.gif

【佐野真希子より】
8月4日『あけくれ』、菅原院での朗読は野外。今からお天気が心配です!8月の雨の統計データでも探してみようかな。

さて、先日は『あけくれ』イベント、お茶の方の打ち合わせ&練習です。当日私はお茶をたてませんが、練習には参加してついでに?上達しようとしています!

とりあえず、揃っている道具で、実際の高さにするため、ティッシュペーパーのボックスなどで調整しつつ。。。何杯も薄茶をいただき、美味しかったです〜。

お客様30名に対し、スタッフ10名。気合入ってます(笑)
当日はお茶を上手くみなさんにお配りし、楽しんでいただけるよう頑張ります!

詳細・チケットご予約
http://www.glassmarkets.net/nextlive.html

tea.jpg
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読+京都 『あけくれ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

朗読+京都『あけくれ』〜城昌幸について〜

head_top.gif

【佐野真希子より】
イベントについて少しずつ、色々紹介して行きたいと思います。

今回の題材は城昌幸さんの作品。私にとっては思い出深い作家さんです。というのは、朗読を始めてから私たちは、「気軽に朗読を楽しんでもらうためにはどうすればいいのか」をいつも考えていました。

十数年前、自分自身を含め「朗読」と言えば文豪の名作をじっくり、、、という印象しか持っていなかったのですからもちろん、ライブ行こう、映画に行こうはあっても、朗読に行こう、は絶対に無い。

でもそんな気軽さが朗読にあってもいいはず、とカフェやギャラリーなど身近な場所で、短くて色々なジャンルの作品を朗読してきました。

その中で出会った作家、城昌幸さん。私が色々なジャンルを探さなくても、とても奇抜な発想と多彩な切り口で描かれた作品の数々、そして文章も美しい。

またありがたいことに、ショートショートの先駆者と言われる人なので、短い作品がたくさんあって、どの作品をいくつ選ぶかで色々な雰囲気を創り出すことができるのです。私が初めて一人語りイベントのときには、城昌幸作品を3つ選びました。

城昌幸作品を題材とした二回目のイベント『あけくれ』。
更にパワーアップです!!

本名、稲並昌幸。元々は詩作からスタートし、そのペンネームは「城左門」。その後、推理作家としては「城昌幸」、半分ずつもらった名、ですね。

今回は「左門」として書かれたの詩もいくつか朗読します。一つの作品の中で、小説と詩、両方の朗読をするのは初めてです。どんな構成&演出にしようか、とても楽しみながら考えています。自分のイメージが、ちゃんとみなさんに伝わりますように。がんばります!

次は堀口大學と江戸川乱歩の城左門、城昌幸についての言葉をご紹介。それがまた素敵なんですよね(笑)

城昌幸の写真はこれしか見当たらなかった。。。
jo.jpg

詳細・チケットご予約
http://www.glassmarkets.net/nextlive.html
  
ラベル:朗読 朗読会
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読+京都 『あけくれ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

朗読+京都『あけくれ』

head_top.gif


index_head2.jpg
午後のおもてなしは朗読と懐紙で。独特な外観を持つモダンな京町屋、辻商店。その造作と響き合う朗読をお届けします。ポチ袋やラッピングなど、懐紙の小粋な使い方のミニ講習と懐紙のおみやげつき。

日時:2012年8月4日(土) 15:00〜
料金:1500円(懐紙一帖付)
定員:20名
懐紙の楽しみ方(ミニ講習):辻亜月子

会場:辻徳(株式会社辻商店)
http://www.tsujitoku.net/
〒600-8481 京都市下京区堀川通四条下る四条堀川町271
*阪急京都線『大宮駅』下車 徒歩3分


index_head3.jpg
夜を彩るのは朗読と薄茶。日が暮れる頃、境内で始まる野点。茶を楽しみながら、菅原院天満宮の佇まいと溶け合う朗読を味わってください。五感で感じる京都。夏の一夜の香りを皆様に。

日時:2012年8月4日(土) 19:30〜
料金:1500円(茶・菓子付)
定員:30名
お茶を一服:辻明子/有貴/百絵

会場:菅原院天満宮神社(京都市上京区)
http://sugawarain.or.jp/
〒682-8021 京都市上京区烏丸通下立売通下ル堀松町408
*地下鉄烏丸線『丸太町駅』下車 2番出口より徒歩5分

akekure_small.jpg

イベント詳細・チケットご予約
http://www.glassmarkets.net/nextlive.html
*席数に限りがございます。お早めにご予約をどうぞ!
  
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読+京都 『あけくれ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする