2016年05月23日

一眼レフ

最近、グラス・マーケッツで購入した一眼レフの試し撮り。
深夜の事務所。
暗くても、何か綺麗に撮れているような気が……?

02.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

テーマは「色彩」

5月22日(日)、鞍馬口の「陽」にて、朗読とピアノのコラボ、というイベントを行います。
朗読のテーマは「色彩」。
言語表現、ピアノの音、という視覚と関係のないメディアによって、色彩の視覚イメージを感じて楽しんでもらう、そんな内容になるとか思います。
朗読に興味のある方、そうでない方も、この機会にぜひ足をお運びくださいませ。

01.jpg
ラベル:朗読 京都
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

「漫勉」

池田です。
もう放送は終わってしまったのだけれど、NHKの「漫勉」という番組を見て以来、浦沢直樹さんをより好きになり、またマンガの制作現場の凄まじさも痛感するようになった。

小説とマンガを較べる訳ではないが、個人的には明らかにマンガを描く方が大変だと思うし、締切に追われ、怒涛のようにペンを入れていく様を目にすると、マンガはもっと値段を上げてもいいのでは?とも感じる。

と、そんなこんなを色々考えつつ、浦沢直樹さんの『MASTERキートン』を改めて大人買いした。昔はマンガ喫茶で読んだのだけれど、やっぱりじっくり読むといいなあ、キートン。

そして嬉しいことに、「漫勉」のシーズン2が来年からスタートするらしい。いやあ、待ち遠しい!!
http://www.nhk.or.jp/manben/
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

新しく事務所に……

池田です。
新しく事務所に机を購入。以前よりも広くなって快適。
これで小説や脚本の執筆スピードが上がればいいんですけどね(笑)。

01.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

『リスボンに誘われて』

池田です。
『リスボンに誘われて』をDVD鑑賞。
いやあ、かなり良かったです!
重くなりがちな内容を適度に軽く、適度に淡々と描くそのバランス感覚は非常に好み。必要な場面だけを吟味し、なおかつ、それらのシーンを必要以上に描かないという潔さにも共感。
時間を置いて、また再度見返したい一本です。


 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

紅葉には少し早すぎた

河村です。
行楽シーズン超超満喫中の私です(*^。^*)
今日は、幼馴染と彼女の愛娘ちゃんと3人でピクニックに出かけてました。

まずは、地元のお寺「光明寺」までハイキング。
紅葉には少し早すぎたみたい・・・残念。
ピーク時は、UPしたパンフレットみたいに美しい風景が見られるのに((+_+))|まぁ・・・普段通りの静かな境内をお散歩出来て気持ち良かったけどね。

お昼は、友達が手作り弁当を持参してくれた!!!長岡天満宮の池を見ながらほっこりランチ(*^。^*)「美味しいな〜」なんて女子3人でニコニコしたら・・・

招かれざる客が現れる。

鳩が1羽、2羽、3羽と次々と舞い降りて来て、私達のベンチの周りを360度グルグル歩く歩く。何だか、怖い・・・(((; ゚д゚)))ブルブル

以前、友達はピクニックでカラスに”とんかつ”をかっさらわれたという暗い過去があるらしい。ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル

少しづつ距離を縮めてくるチンピラ鳩にビクビクする私達。鳩って無表情だから、怖いわ〜〜ポロッポーとか鳴いたりしてるし。

ドキドキしていた私達の元に白馬の王子が登場!

のっそりと現れた王子は、手にしたビニール袋からパンをちぎって池に投げ始めた。王子の正体は、池の鯉に餌をあげにきたらしい?ご近所のおじい様(笑)

勿論、チンピラ鳩はおじい様のもとへ飛んでいく。あ〜良かった(*^。^*)
その後のランチは更にまったりと楽しい時間となりました。話に花を咲かせながら、チラリとおじい様の方を見てみると・・・。

何と!チンピラ鳩は、おじい様の腕に乗ってた。

まるで、『鷹匠』やん。

恐ろしや「鳥」と「鳥じい」ΣΣ(゚Д゚;)ナヌッ
何だか、私の地元も捨てたもんじゃないな〜って感心しちゃった(笑)

ランチの後は、図書館へ。
友達の愛娘は、とっても本が好きな小学生の女の子。将来の夢は、「図書館司書になって、作家になる事」なんだって(*^_^*)よっ!少女よ大志を抱け☆〜

最後の締めは、私が子供の頃から営業している喫茶「フルール」でパフェを食べる。

「次回は、吉峰寺にでも行こか!」(*´▽`*)にゃはは

世代は違えど、女3人集まればかしまし。笑い声が絶えない楽しい1日でした。

01.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

距離感

池田です。
80枚の短編をどうにか書き終え、事務所で一人ほっと一息ついてます。(まあ、数日後には修正稿に入るんですけど……)

さて、小説を書いていて、個人的にもっとも難しいと感じていることの一つは「距離感」で、この描写にはいつも気を遣います(というか、悩まされる?)。

たとえば、三人の男が話をしていたとします。
どういう場所で、何時頃で、気温はどれくらいで……といった状況は、比較的読者に伝わりやすいだろうと思います。「冷たい風が吹いていた」と書けば、風の強弱や方向は別にして、少なくとも「ああ、風が吹いているんだな」という風景のイメージは、多くの読者にとって、ある程度、共通のものとして頭に描いてもらえる可能性が高いでしょう。

けれど、三人の男の立ち位置を読者の方々に伝えようとした場合、これが非常に厄介になってきます。AとB、BとC、CとAの間にはどれくらいの距離があるのか? 互いに等間隔なのか、Aだけ離れているのか……そういった距離感を文章で描くことは本当に難しい。

そんなの気にしないよ、という読者の方もおられるかもしれません。
でも、僕は舞台をやっているせいか、この立ち位置もやっぱり伝えたいんですね。僕が思い描いている距離感を、できる限り読者の方にもイメージしてもらいたいんですね。

互いのイメージを近づけるには、もちろん、僕の文章力はまだまだですし、描写力も足りません。ですが、どこかに正解の文章はあるはずだと思っています。いや、そう信じたいといったところでしょうか。

これから先、もしその欠片だけでも拾うことができたならば、画像のような距離関係も難なく描けるかも??

僕の大好きな映画『PTU』。
この四人の位置関係。そして、後方にちらりと見えている隊員との距離。

文章だけで、この画像をイメージしてもらえるようになれたら……。

数十年かかりそうですが、そんな時がやって来ることを願いつつ(笑)。

01.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする