2016年09月09日

気がつけば

明日、明後日は読み手のモーレツ練習日。
気がつけば本番まであと1ヶ月!!?とメンバー一同、焦アセ汗。
脚本読み込み中。
ヘタなウクレレ引いて焦りの気を紛らしてみたり。
いや練習しろってw
(佐野)

06.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

朗読教室 第二十二回発表会 終了

佐野真希子朗読教室第二十二回発表会無事終了!
(ちょっとやってみたただけ、オール漢字w)

FBを始めてから、こうやって終わった後に一言書くので過去の発表会を思い出しながら、ということも多いです。

あれはさて、何年前、、、。
(自分とこのHPチェック)

はい、第一回目はもう8年前でした。
タイトルは「カギ穴の会」。
不思議な、奇妙な感じの作品を全員作品を持ち寄ったんですね〜。

実はちょうどそのころ、グラス・マーケッツの活動としては「控えめ」な時期(笑)
その分、時間ができた私は思い切って、マンツーマンレッスンを始めたのです。

その意気込みというか、力み、の感じるレッスンでした(;^ω^)
今も、このころの生徒さんと会うと「キビシかったよー!!」と。
あれもいい思い出(なのは私だけじゃないと祈ってw)

今もレッスンへの意気込みは変わっていませんが、私なりに、生徒さんそれぞれの良さを、表現するための朗読を目指してレッスンしています。

さて、今回の発表会の写真です。
寄りの写真は、どんな照明の下でも輝いている20代メンバーで。
私のはここではお見せできんっ( ;∀;)
30を過ぎたあたりから、写真写りへの文句の量が年齢に比例。
ぐいいぃっっ、な角度で(笑)

とりあえず、次回の公演にむけて、ダイエット開始です。
打ち上げでは結局飲みすぎましたが(笑)

10月15、16日「埋葬屋の眠り」是非お越しください〜!!
残り一か月ですが、いつでもサポートメンバーも募集していますっ。
ちょっとでも「お手伝いしよか」という方がいらっしゃったらお待ちしてます〜〜〜。
http://www.glassmarkets.net/

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

気がつけば9月

末冨です。
気がつけば9月。

朗読公演の本番まであと何回練習できるだろうと徐々に焦りを感じ始めています(汗)

なぜか朗読以外のあらゆる締切やイベントごとも9月中〜10月頭にかけて集中していて、果たして今月乗りきれるんだろうか…と不安になることも(>_<)、

とはいえ、全て自分で決めたことなので、弱音はかずに頑張ります!!最近、意外と忙しさも楽しめるようになったかなと思っています。

応援ください、そしてできれば公演も来ていただけると♪ご予約受付中ですm(__)m

「埋葬屋の眠り」

【開催日時】
2016.10.15 (sat) - 16 (sun)
15日(土)=16:00/18:30
16日(日)=13:00/15:30
*計4ステージ いずれも開場は30分前。
*上演時間 約75分

【会場】
日本写真印刷株式会社 本館
京都市中京区壬生花井町3
・阪急大宮駅・西院駅から徒歩10分
・市バス「四条中新道」下車すぐ

【料金】
2,500円(前売・当日共通)
http://www.glassmarkets.net/sleep/index.html

02.jpg
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | グラス・マーケッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

キーワードは「眠り続けていた秘密」

河村です。
9月に突入!朝晩涼しくて過ごしやす日が増えてきましたね〜。

最近の私は、寝ても覚めても10月15・16日公演の朗読劇『埋葬屋の眠り』の事ばかり考えています。練習・宣伝・集客に飛び回る忙しい毎日です(*^。^*)

『埋葬屋の眠り』のフライヤーをお渡しすると、皆さんから色々な第一声を頂きます。「恐いお話?」、「埋葬屋って、おくりびとの事?」、「朗読なのに劇って何? 」・・・etc 逆の立場だったら私も感じるであろう事ばかり(笑)

フライヤーを見すると、怪談?ホラー?って思っちゃいますよね〜。だって、ストーリー部分に【死体が生き返ったという妙な噂】やら【埋められたはずの亡骸が生き返った?】って・・・ソンビかよ!!ってね(^血^)/ニヒ

実は、『埋葬屋の眠り』はホラーってよりもサスペンスです。恐怖を色濃く描くホラーよりも、謎を追究していくサスペンスの要素が強い作品になっています。とは言っても、”恐い”って要素はありますよ(*^。^*)でも、まぁ・・・劇中に悲鳴が上がるような事はありませんので、ご安心を(笑)

朗読劇の面白い所は勿論沢山あるのですが、映像が無い事により逆に自由な想像が広がり、個々にストーリーを膨らませる事が出来る という楽しみがありますね。

作品のキーワードは、「眠り続けていた秘密」。誰もが胸に抱えている過去の傷跡。心の奥底で眠り続けている記憶の傷跡。そんな秘密がある事件を引き起こし謎を生んで行く。というお話です。

朗読なのに劇・・・という疑問については、 ご自分で 体感してみて下さい。← なんて、不親切な事を言ってみる(笑)。 いやいや、いつもちゃんと真面目にお答えしているのですよ。

先ずは、「朗読と音読は違って〜」から始まり、一人語りの朗読ではなくて「朗読劇」ですからそれぞれが役柄を演じていくのですよ〜とかね。 演劇ではないけど、チョッピリ演劇の要素も入っている「朗読劇」って言葉で伝えるのは本当に難しい(>_<) って事で、”百聞は一見にしかず” 是非!ご自分で体感してみて下さい。って事になる訳です☆〜

秋の京都もまた風情があって素敵です。遠方からお越しの方は、朗読劇&京都観光も楽しんで下さいネ。

おかげさまで順調にご予約を頂いております(*^。^*)ご希望の日時が満席になる前に、早めのご予約をおすすめしま〜〜す。

ご予約はこちらまで
http://www.glassmarkets.net/sleep/
******************************************************
グラス・マーケッツ 朗読公演
『埋葬屋の眠り』

夜の底に埋められていたのは儚い秘密
日時= 2016年10月15日(土)16(日)
 15日(土) 16:00 〜 / 18:30 〜
 16日(日) 13:00 〜 / 15:30 〜 
上演時間= 約 75 分
料金= 2,500 円(日時指定)
定員=各ステージ  50 名
会場=日本写真印刷株式会社 本館
   (当日は、「ニッシャ印刷歴史館」もご観覧頂けます)

02.jpg
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グラス・マーケッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

リハ中です!

朗読発表会リハ中です!
京都市綾小路高倉、ギャラリー武にて13時スタート。
入場無料。入退場自由。
お気軽にお立ち寄りください!
詳細はこちら 
http://www.glassmarkets.net/

06.jpg
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

明日は朗読発表会

佐野です。明日は朗読発表会。22回目です。

それぞれ約10分の作品の朗読をするのですが、毎度のことながら参加者のみなさん大変なのは、作品選び。

もちろん抜粋でもいいのですが、お客さんに楽しんでいただきたいと思うと何となく10分で完結する作品を探したくなるものです。
同感同感。

世の中に朗読して10分ほどの短い、いい感じの作品ってあるようでない。
文庫本でたった5、6ページ。
普通、短編と言っても朗読すると40分くらいかかるものが大半。

星新一さんのような、いわゆるショート・ショートは、長さ的にはクリア。
ネット検索キーワードも「ショート・ショート」でズバリ(笑)

しかしそれ以外で、「超短編」「10分で読める〜」「ショートストーリー」など、一通り検索した後は、地味な作品探しの日々が始まります。

好きな作家の長編以外を片っ端から本屋で立ち読み。
または手あたり次第立ち読み。
色んな人に聞き込み(笑)

私は、立ち読みが面倒になって最近、アマゾン眺めて、ページ数を作品数で割り算して、長さのアタリをつけてまとめて古本購入。
まあ、大体長すぎることが多く、失敗率が高い。
それでも、一作品の出会いがあればいいのです!!

良い本の探し方とは言えませんが、この乱読(いや、読んでないのもいっぱい)で「こんな作家さんいたのか〜」と発見もあります。

そんなわけで、普段長編を読むのとは全然別の本の買い方してます。
生徒さんともよくそんな苦労話になります(笑)

10分程度の短い作品をご存知の方、ぜひ情報をください〜!!

さて、いよいよ明日は朗読発表会。
こんなラインナップですっ。

お時間ある方どうぞお立ち寄りください。

01.jpg

「ヒトイキ」
〜秋の一息。秋の一編。〜


日時=2016年9月4日(日)(15分前開場)
料金=無料(途中入退場自由)
会場=綾小路ギャラリー武(四条烏丸)
   京都市下京区綾小路通高倉東入ル高材木町228-3
   075-351-4787

http://www.aya-take.jp/

第一部13:00〜
 @辻あきこ
 「女王陛下からの祝電」 ジェフェリー・アーチャー 著
 A伴野由季
 「永遠に続くもの」いしわたり淳治 著
 B澤村かおり
 「十三年」山川方夫 著
 C兼田匠
 「ライフ」伊坂幸太郎 著

第二部14:00〜
 DMariko
 「空の女」色川武大 著
 E鈴木純子
 「十三夜」藤沢周平 著
 F出島ひろ子
 「月火水木金土日」川上弘美 著

第三部14:50〜
 G比果憲子
 「ポプラの秋」湯本香樹実 著
 H井田陽子
 「萩の原幻想」光原百合 著
 Iねぶくろ
 「ファイティング・コスモス!」自作短編

※時間は多少前後します。ご了承ください。

posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読発表会(朗読教室) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

練習の合間に

池田です。
朗読公演『埋葬屋の眠り』、練習も本格化し、みんな頑張ってくれています。
その合間に、久しぶりに『霊幻道士』をDVD鑑賞。日本公開は1986年だから、もう30年も経ったのですね。登場人物と一緒になって息を止めていた自分が懐かしい。

登場する小道具の面白さは健在。お札を筆頭に、墨や糸、鏡にもち米など、今見ても上手い使い方するなあと感心。

ただ、道士役のラム・チェンインも、弟子役のリッキー・ホイも既に亡くなっていることを思うとやけに感慨深いものが……。

いずれにせよ、僕にとって、青春の一本です(笑)。
 
posted by 朗読ユニット グラス・マーケッツ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする